毛穴クレンジングの選ぶ方

クレンジングの正しい選び方とは?肌質やメイクに合わせて変えよう♪

 

クレンジングの選び方はどのようにしていますか?

 

 

「口コミで、よさそうだったから」
「売れているから」

 

実際、なんとなく選んでしまっている人も少なくないのではないでしょうか?

 

肌に合わないクレンジングを使い続けていると、肌に負担をかけてトラブルを招いてしまうこともあります。

 

そこで今回は、肌質やメイクに合わせた「クレンジングの選び方」をご紹介させていただきます。

 

毎日メイクを落とすことはとても大切。

 

ご自身の肌に合ったクレンジングを選んで、肌に負担をかけずに、しっかり洗浄しましょう。

 

クレンジングの種類

 

クレンジングには大きく分けて次の【6種類】があります。

 

油分と界面活性剤が最も多く、洗浄力が高いクレンジングです。ウォータープルーフのメイクアップ化粧品を落とすことができます。

 

ほどほどの洗浄力があり、リッチなテクスチャーで保湿力に優れています。

 

洗浄力が弱く、肌への刺激が一番少ないクレンジングです。

 

油系ジェルと水系ジェルがあります。ジェルの厚みで摩擦が少ないのが特徴です。油系ジェルはメイク落ちがよく、水系ジェルはさっぱりとした洗い上がりです。

 

さっぱりとした使い心地で、メイク落ちがスピーディです。界面活性剤が多く配合されています。いわゆる「水クレンジング」もここに含まれます。

 

シートにクレンジング剤が含まれた、拭き取りタイプのクレンジングです。

 

 

それぞれ配合されている成分が異なり、洗浄力や肌への負担が変わってきます。

 

ひとつのクレンジング剤を使い続けるのではなく、そのときの自分の肌質やメイクに合わせて、使用するクレンジングを変えていくことで、肌への負担を減らすことができます。

 

肌質に合ったクレンジングの選び方

 

それでは、肌質別に、適したクレンジングをチェックしていきましょう。

 

 

脂性肌(オイリー肌)

 

脂性肌(オイリー肌)とは?

水分と皮脂の両方が多い肌を「脂性肌」といいます。

 

皮脂の分泌量が多く、ニキビや毛穴の黒ずみ、毛穴の開きなどの肌トラブルを引き起こしやすい肌です。

 

皮脂分泌が盛んな10代の思春期から20代前半にかけて、多く見られます。

 

脂性肌(オイリー肌)に合ったクレンジングは?

脂性肌には、さっぱりした使い心地の「リキッドクレンジング」がおすすめです。

 

メイクとともに、皮脂をすっきりと洗い流すことができます。

 

ニキビが多い時期は、「クレンジングジェル」もおすすめです。ジェルの厚みにより、肌摩擦が少ないので、ニキビとの接触を減らすことができます。

 

水系クレンジングジェルは、さっぱりした使い心地で、油系クレンジングジェルはメイク落ちがよいという、それぞれのメリットがあります。

 

メイクの濃さに合わせて、選びましょう。

 

クレンジングオイル」も、皮脂をしっかり流せるクレンジングですが、逆に乾燥させて、過剰な皮脂分泌を引き起こす可能性があります。

 

それにより、ニキビなどの肌トラブルを悪化させてしまう場合もあるので、脂性肌の人は注意したいクレンジングです。

 

濃いメイクの日だけにするなどして、使用頻度に気をつけましょう。

おすすめクレンジング

避けたいクレンジング

 

 

乾燥肌

 

乾燥肌とは?

水分も皮脂も少なく、かさつきが目立つ肌を「乾燥肌」といいます。

 

加齢に伴い増えていく傾向があり、もともと脂性肌や普通肌だった人でも、年齢を重ねて乾燥肌になる場合もあります。

 

乾燥肌に合ったクレンジングは?

乾燥肌には、洗い上がりがマイルドな「クレンジングクリーム」がおすすめです。

 

クリームに厚みがあり、肌への摩擦が少ないというメリットもあります。洗い流すと拭き取るタイプがあり、洗い流すタイプの方が、より肌への摩擦を抑えることができます。

 

しかし、他のクレンジングに比べて手間がかかるというデメリットもあります。

 

より手軽に落としたい方には「クレンジングミルク」もおすすめです。

 

界面活性剤の配合量が少なく、肌への刺激が少ないという特徴があります。

 

ただし、洗浄力が弱く、ウォータープルーフのマスカラなどは落ちにくいので、ポイントメイクリムーバーを併用するなどして、メイク残りのないように気をつけましょう。

 

クレンジングオイル」や「クレンジングリキッド」は、界面活性剤が多く配合されており、皮脂を洗い流しやすいので、乾燥を悪化させてしまう可能性があります。

 

濃いメイクをした日のみ使うなどして、使用頻度に気をつけましょう。

 

混合肌

 

混合肌とは?

Tゾーンが脂っぽくテカり、頬や口周りのUゾーンは乾燥している肌を「混合肌」といいます。

 

水分と皮脂のバランスが崩れる20代?30代に、多く見られる肌タイプです。

 

混合肌に合ったクレンジングは?

混合肌には、ゾーンによって差があるため、クレンジング後の「洗顔」や「スキンケア」にポイントがあります。

 

次のように、ゾーンに合わせてケアを変えるとよいでしょう。

 

  • Tゾーン……ダブル洗顔をして、化粧水をたっぷり塗布
  • Uゾーン……乳液やクリームをしっかり塗布

 

混合肌のクレンジングは、刺激の少ない「クレンジングミルク」や、肌への摩擦の少ない「クレンジングクリーム」や「クレンジングジェル」がおすすめです。

 

「クレンジングオイル」は、皮脂を洗い流しすぎて、乾燥させたり、逆に過剰な皮脂分泌を促してしまうので、TゾーンにもUゾーンにも負担になりやすいので、使用頻度に気をつけましょう。

 

敏感肌

 

敏感肌とは?

肌がピリピリしたり、かゆくなったりしやすく、化粧品を変えると肌が赤くなるなどのトラブルがある肌を「敏感肌」といいます。

 

もともと敏感肌の人と、季節の変わり目にだけ、敏感肌と感じる人もいます。

 

どちらのタイプの人も、肌への刺激を強く感じる時期は、クレンジングをはじめ、あらゆる化粧品の使用に気をつけましょう。

 

敏感肌に合ったクレンジングは?

肌への刺激が最も少ない「クレンジングクリーム」「クレンジングミルク」がおすすめです。

 

肌への摩擦を極力なくすように、適量のクレンジング剤でやさしく洗いましょう。

 

界面活性剤が多く含まれている「クレンジングオイル」、「クレンジングリキッド」は、刺激を感じる可能性があります。

 

また、「クレンジングシート」は、肌への摩擦があるため、敏感肌の人にはおすすめできません。

 

洗浄力の強いクレンジング剤が刺激となる場合が多いので、できればナチュラルメイクで過ごすことをおすすめします。

 

まとめ

 

クレンジングの選び方について解説してまいりましたが、いかがでしたか?

 

メイクを落とさず眠ってしまうと肌に負担が掛かりますが、一方で、肌質に合わないクレンジングも、刺激となってしまいます。

 

メイクをした日は、必ず肌質やメイクの濃さに適したクレンジングをし、美しい肌をキープしていきましょう!

 

 

関連ページ

毛穴クレンジングとは
毛穴クレンジングとは、毛穴の中に溜まった老廃物や皮脂などを除去することを呼びます。
毛穴クレンジングの種類について
毛穴クレンジングには、様々な種類があります。クレンジングオイルやクレンジングミルクなど、クレンジングにはさまざまな種類がありますが、あなたはどのようなクレンジングをお使いですか?
アイメイクの正しいクレンジングとは?目元美人はクレンジングが鍵!
アイメイク(マスカラ、アイシャドウ、アイラインなど)のクレンジングの正しい方法を解説していきたいと思います。正しいクレンジングして、目元美人を目指しましょう。
毛穴クレンジングを行うメリット
毛穴クレンジングを行うメリットとしては、毛穴が目立たない肌を維持することが出来るという事です。
クレンジングの重要性とは?メイク汚れは肌トラブルの原因に!
クレンジングは重要性の高いスキンケアの1つで、メイクをするなら欠かせないプロセスの1つ。美容の専門家や皮膚科の医師もクレンジングはとても重要で大切だという意見を持っています。そこで、今回は、クレンジングの重要性や選び方のポイントについて詳しくご紹介します。
日焼け止めはクレンジングで落とすべき?正しい落とし方やクレンジングの選び方まとめ
日焼け止めは肌に残りやすく、しっかり落とさないと逆に肌トラブルの原因になってしまう可能性もあります。そこで今回は日焼け止めを塗った際のクレンジング方法やクレンジングの正しい選び方などについてご紹介します。
クレンジングが出来る石鹸のおすすめ!
クレンジングのできる石鹸とはどんなものなのか、といった点や正しい使い方や注意点、おすすめのクレンジングができる石鹸について詳しくご紹介します。
クレンジングの界面活性剤の役割とは?各種クレンジングの界面活性剤の配合量の違いは?
今回は、クレンジングにおける界面活性剤の役割やメリット・デメリットなどを詳しくご紹介します。界面活性剤による肌へのダメージが気になる方のために、各種クレンジングの界面活性剤の配合量などについてもご紹介していきます。
毛穴クレンジングの後のスキンケアとは
毛穴クレンジングをした後の肌は必ずしっかりとスキンケアを肌に施し、水分を補給してあげなければいけません。
美顔器でクレンジング!毛穴の奥までスッキリ!
美顔器によるクレンジングは、普段は落としきれない毛穴の奥のディープな汚れにまでアプローチでき、たいへん注目を集めています。
マツエクを付けている時のクレンジング!正しい方法とは!?
マツエクをつけているときのクレンジングの選び方や、正しいクレンジング方法やについて徹底解説します!