毛穴クレンジングの種類

毛穴クレンジングの種類について

 

毛穴クレンジングには、様々な種類があります。

 

 

クレンジングオイルやクレンジングミルクなど、クレンジングにはさまざまな種類がありますが、あなたはどのようなクレンジングをお使いですか?

 

メイクの落としやすさや、肌へのやさしさなど、それぞれの特徴を理解し、肌の調子やメイクの濃さに合わせて使い分けていくことが大切です。

 

そこで、今回は、クレンジングの種類とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介させていただきます!

 

クレンジングを上手に使い分けて、肌を清潔に保ち、美肌を作りましょう♪

 

 

クレンジングの役割とは

 

まずは、「クレンジングの役割」について理解を深めておきましょう。

 

クレンジングとは、メイクアップ化粧品を落とすものであり通称「メイク落とし」とも呼ばれます。

 

メイクをしたまま寝てしまうと、ニキビやくすみなど、あらゆる肌のトラブルを引き起こしてしまうので、メイクをした日は、必ずクレンジングをする必要があります。

 

しかし、過剰なクレンジングは、肌への負担にもなってしまいます。

 

クレンジングで落とされるものは、メイクや肌の汚れなど、肌に悪いものだけではありません。

 

肌の表面を保護している皮脂膜や、NMF(天然保湿因子)と呼ばれる肌の潤いを保つものも、一緒に落とされてしまうこともあります。

 

よって、肌の調子やメイクの濃さに合わせて、クレンジングも適切に選んでいくことが大切になります。

 

クレンジングの種類

 

それでは、クレンジングの種類別にメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

どのような肌質やメイクにどのクレンジングが合うのか、チェックしてみてくださいね。

 

クレンジングオイル

 

 

クレンジングオイルは、クレンジングの中でも、最も洗浄力の高いアイテムです。

 

メイクに馴染みやすい「油性成分」が多く配合されており、濃いメイクアップ化粧品も落とすことができます。

 

油性のエマルジョンファンデーションや、ウォータープルーフの日焼け止めやマスカラなどを落とす場合にも適しています。

 

一方で、クレンジング力が高い分、肌の潤いを取り過ぎてしまうという難点もあります。

 

敏感肌や乾燥肌の人など、肌への負担が気になる人は、あまりおすすめできません。

 

また、まつ毛エクステの接着剤を溶かしてしまうため、まつ毛エクステをつけている期間は使用できません。(ただし、一部の商品では、まつ毛エクステに対応しているクレンジングオイルもあります。)

 

メリット

  • クレンジング力が強く、濃いメイクも落とすことができる!

デメリット

  • 肌への刺激が強い
  • まつ毛エクステ着用時は使えない

 

 

クレンジングクリーム

 

 

クレンジングクリームの洗浄力の強さは中間に位置します。

 

リキッドファンデーションなど一般的なメイクアップ化粧品は落とすことができます。

 

クリームに厚みがあり、肌への摩擦が少なく、洗い上がりもマイルドなので、乾燥肌の人も使いやすいクレンジングです。

 

肌に乗せる前に手で温めたり、メイクが浮くまでに時間がかかるので、他のクレンジングに比べて、手間がかかるという特徴もあります。

 

また、こっくりとしたテクスチャーなので、べたついた使用感が苦手と感じる人もいます。

 

メリット

  • 肌への摩擦が少ない
  • 洗い上がりがマイルド

デメリット

  • 手間がかかる
  • べたつきやすい

 

 

クレンジングミルク

 

 

クレンジングクリームによりも、水分が多く洗い上がりがさっぱりしているのが、「クレンジングミルク」です。

 

クレンジングオイルやクレンジングクリームに比べて、クレンジング力は弱く、ナチュラルメイクのクレンジングに適しています。

 

ウォータープルーフのマスカラなどは落ちにくいので、専用のポイントメイクリムーバーを併用するとよいでしょう。

 

肌への負担が少ないため、敏感肌の人も使いやすいといわれています。

 

また、その刺激の少なさから、朝の洗顔料としても使用できるクレンジングミルクもあります。

 

メリット

  • 肌への負担が少なく敏感肌の人も使いやすい
  • 商品によっては朝の洗顔料の代わりに使うことができる

デメリット

  • クレンジング力が弱くウォータープルーフの化粧品は落ちにくい

 

参考:クレンジングミルクのおすすめ!肌にやさしくサラサラな使い心地!

 

水性クレンジングジェル

 

 

クレンジングジェルのなかでも油性成分が少ないものを「水性クレンジングジェル」といいます。

 

油性成分が少ないため、使用感はさっぱりしています。

 

水性クレンジングジェルには、オイルフリーのものと、少量のオイルが配合されたオイルインタイプがあります。

 

オイルインタイプの方がやや洗浄力が高いのですが、オイルフリータイプはまつ毛エクステ着用時にも使えるというメリットもあります。

 

ウォータープルーフのマスカラなど落ちにくいので、ポイントメイクリムーバーを併用するとよいでしょう。

 

メリット

  • さっぱりした使用感
  • オイルフリータイプは、まつ毛エクステ着用時にも使える

デメリット

  • ウォータープルーフの化粧品は落ちにくい

 

油性クレンジングジェル

 

 

油系のクレンジングジェルはクレンジングジェルの中では最もクレンジング力の強いのが特徴です。

 

オイルをジェル状にしたクレンジング剤なので油性のメイクアップ化粧品とよく馴染みしっかりメイクも落とすことができます。

 

ジェルに厚みがあるため、肌への摩擦が少ないのというメリットもあります。

 

油系のクレンジングジェルを、肌にそのまま乗せると、上手くメイクと馴染まずに時間がかかってしまいますが、

 

手で温めてから肌に乗せると、メイクに馴染みやすくなります。

 

メリット

  • やや強めのクレンジング力で、一般的なメイクはほぼ落とすことができる
  • 肌への摩擦が少ない

デメリット

  • 肌にすぐ乗せると、メイクが浮くまでに時間がかかる

 

 

クレンジングリキッド

 

 

クレンジングリキッドとは水をベースにしたクレンジング剤で界面活性剤の働きによってメイクを落とします。

 

クレンジングオイルほどではないものの、洗浄力が高いものもあり、比較的濃いメイクにも対応できます。

 

オイルインタイプやオイルフリータイプ、「水クレンジング」と呼ばれる、コットンで拭き取るタイプなどもクレンジングリキッドに含まれます。

 

クレンジングリキッドの中には、濡れた手で使える商品もあり、入浴中に使えることで人気があります。

 

また、拭き取りタイプの「水クレンジング」は、ダブル洗顔や化粧水が不要の場合もあり、忙しい女性から多くの支持を集めています。

 

界面活性剤が多く配合しているので、敏感肌の人など、苦手と感じる人もいるかもしれません。

 

メリット

  • 濡れてても使えるものがある
  • 水クレンジングはダブル洗顔や化粧水が不要の場合がある

デメリット

  • 界面活性剤が多く含まれているので、ネガティブなイメージを抱く人も

 

 

クレンジングシート

 

 

不織布のシートにクレンジング剤が染み込ませてあるものを「クレンジングシート」といいます。

 

シートを肌に直接当てて、メイクを拭き取ります。

 

小分けになっているものもあるので、旅行やメイク直しの携帯用として便利です。

 

クレンジング剤自体の洗浄力はそこまで高くないものの、物理的な力が加わることで、クレンジング力がアップします。

 

しかし、その分、肌の摩擦が起きてしまうので、特に、敏感肌の人や、ニキビなど肌トラブルを抱えている人は、拭き取り方に注意が必要です。

 

近年では、クレンジング剤だけでなく、化粧水を含んだスキンケア効果のあるクレングシートも発売されて人気を博しています。

 

メリット

  • 手軽にクレンジングができる
  • 携帯に便利

デメリット

  • 肌への摩擦があるので敏感肌の人やニキビなどの肌トラブル人があるひとは要注意

 

 

まとめ

 

クレンジングの種類を大まかに説明しましたが、いかがでしたか?

 

クレンジングには、さまざまな種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

ただひとつの製品を継続して使いきるのではなく、その日のメイクや肌のコンディションに合わせて、いくつかのタイプのクレンジングをローテーションしていくことよいでしょう♪

 

関連ページ

毛穴クレンジングとは
毛穴クレンジングとは、毛穴の中に溜まった老廃物や皮脂などを除去することを呼びます。
アイメイクの正しいクレンジングとは?目元美人はクレンジングが鍵!
アイメイク(マスカラ、アイシャドウ、アイラインなど)のクレンジングの正しい方法を解説していきたいと思います。正しいクレンジングして、目元美人を目指しましょう。
毛穴クレンジングを行うメリット
毛穴クレンジングを行うメリットとしては、毛穴が目立たない肌を維持することが出来るという事です。
クレンジングの重要性とは?メイク汚れは肌トラブルの原因に!
クレンジングは重要性の高いスキンケアの1つで、メイクをするなら欠かせないプロセスの1つ。美容の専門家や皮膚科の医師もクレンジングはとても重要で大切だという意見を持っています。そこで、今回は、クレンジングの重要性や選び方のポイントについて詳しくご紹介します。
日焼け止めはクレンジングで落とすべき?正しい落とし方やクレンジングの選び方まとめ
日焼け止めは肌に残りやすく、しっかり落とさないと逆に肌トラブルの原因になってしまう可能性もあります。そこで今回は日焼け止めを塗った際のクレンジング方法やクレンジングの正しい選び方などについてご紹介します。
クレンジングが出来る石鹸のおすすめ!
クレンジングのできる石鹸とはどんなものなのか、といった点や正しい使い方や注意点、おすすめのクレンジングができる石鹸について詳しくご紹介します。
クレンジングに含まれる肌に悪い成分とは?見極め方や注意点を知ろう
クレンジングにはいろいろな成分が含まれています。その中には肌に悪影響を与えてしまう可能性のある成分もあるということを知っていましたか?クレンジングに含まれているどんな成分が肌に悪影響を与えてしまうのか?それらの成分が含まれているものを使うと、どんなことが起きてしまうのかという点が気になりますよね。今回はクレンジングに含まれている「悪い成分」と言われているものや、その仕組みや悪影響などについて詳しくご紹介します。
毛穴クレンジングの選び方とは?肌質やメイクに合わせる!
毛穴クレンジングの選び方としては、自分の肌質やメイクに合わせて選ぶようにしましょう。基本的なクレンジングの選び方を紹介します。
クレンジングの界面活性剤の役割とは?各種クレンジングの界面活性剤の配合量の違いは?
今回は、クレンジングにおける界面活性剤の役割やメリット・デメリットなどを詳しくご紹介します。界面活性剤による肌へのダメージが気になる方のために、各種クレンジングの界面活性剤の配合量などについてもご紹介していきます。
毛穴クレンジングの後のスキンケアとは
毛穴クレンジングをした後の肌は必ずしっかりとスキンケアを肌に施し、水分を補給してあげなければいけません。
すっぴんの時はクレンジングを使うべき?不要か必要か判断する方法
すっぴんの時はクレンジングは必要なの?クレンジングはメイクを落とすために使用するものですが、すっぴんの時でもクレンジングを使うべきなのか?洗顔だけでいいのか?と迷ったことはありませんか?結論から言えば、すっぴんでもクレンジングをするべきかどうかは非常に多くの意見があり、必ずしも正解があるというわけではありません。
クレンジングでヒリヒリした場合の対処方法とおすすめクレンジング
クレンジングでメイク落としをしていて、ヒリヒリしたことはありませんか?クレンジングが原因と考えられる肌のヒリヒリが起きたときには正しい対処法でケアをしないと悪化してヒリヒリから赤み、痛みが出てしまうこともあります。今回はクレンジングでヒリヒリしてしまったときの正しい対処法やヒリヒリしないクレンジングの選び方について説明します。
美顔器でクレンジング!毛穴の奥までスッキリ!
美顔器によるクレンジングは、普段は落としきれない毛穴の奥のディープな汚れにまでアプローチでき、たいへん注目を集めています。
マツエクを付けている時のクレンジング!正しい方法とは!?
マツエクをつけているときのクレンジングの選び方や、正しいクレンジング方法やについて徹底解説します!