日焼け止めはクレンジングで落とすべき?

日焼け止めはクレンジングで落とすべき?正しい落とし方やクレンジングの選び方まとめ

 

日焼け止めはクレンジングで落とすのが良いのでしょうか?

 

 

日焼け止めは、紫外線から肌を守るために大切なケアの1つです。

 

紫外線はシミやシワはもちろん、肌全体の老化の原因になってしまうのでしっかりと防いでおきたいですよね。

 

ですが、日焼け止めは肌に残りやすく、しっかり落とさないと逆に肌トラブルの原因になってしまう可能性もあります。

 

そこで今回は日焼け止めを塗った際のクレンジング方法やクレンジングの正しい選び方などについてご紹介します。

 

いつもは日焼け止めを使わずにUVカット効果のある下地やファンデーションだけで済ませているという人も、夏場は下地の前に日焼け止めを塗る機会が増えると思います。

 

その際は普段のクレンジングとは違い、日焼け止めをちゃんと落とせるクレンジングを行う必要があります。

 

正しい方法をチェックして、肌トラブルを防ぎましょう!

 

 

日焼け止めはクレンジングを使ってしっかり落としましょう

 

日焼け止めは基本的にクレンジングで落としましょう。

 

 

日焼け止めはその成分の多くが油分です。しっかりと紫外線から肌を守るために、密着度が高いものや落ちづらいものは毛穴に詰まりやすいので洗顔では簡単に落ちないことがあります。

 

強い効果のある日焼け止めやウォータープルーフなどの日焼け止めほど落ちづらいので、しっかりとクレンジングを使って落とす必要があります。

 

日焼け止めが残っていると様々なトラブルが起きてしまう

日焼け止めがキレイに落ちずに残っていると、様々なトラブルが起きる可能性があります。

 

日焼け止めには油分が多く含まれていますし、紫外線吸収剤・紫外線散乱剤といった紫外線から肌を守るための成分が含まれています。

 

これらの成分が残ったまま毛穴に詰まってしまうと細菌が繁殖してニキビ・吹き出物の原因になります。

 

また、毛穴に日焼け止めが詰まったままになると酸化して黒ずむこともあります。黒ずみが目立つとファンデーションの仕上がりも悪くなってしまいます。

 

日焼け止めを落とすために使うクレンジングの選び方

日焼け止めの中にはSPF値が低く「石鹸で落とせる」と書かれているものもあります。

 

クレンジングを使う必要が無ければ肌への負担も小さいので、できれば使いたくないという方も居るでしょう。

 

しかし、何度も塗りなおしたりしていれば、毛穴に詰まりやすくなることもあります。

 

そこで、日焼け止めの使い方や種類によってクレンジングを使い分けることをオススメします。

 

どのようなときに、どんなクレンジングを使うべきか、日焼け止めを落とすのに使うクレンジングの選び方について次に紹介します。

 

日焼け止めを落とすために使うクレンジングの選び方

 

日焼け止めを落とす為のクレンジングの選び方について説明します。

 

 

日焼け止めの中にはSPF値が低く「石鹸で落とせる」と書かれているものもあります。

 

クレンジングを使う必要が無ければ肌への負担も小さいので、できれば使いたくないという方も居るでしょう。

 

しかし、何度も塗りなおしたりしていれば、毛穴に詰まりやすくなることもあります。

 

そこで、日焼け止めの使い方や種類によってクレンジングを使い分けることをオススメします。

 

どのようなときに、どんなクレンジングを使うべきか、日焼け止めを落とすのに使うクレンジングの選び方についてご紹介します。

 

説明書の注意書きに合わせてクレンジングを使おう

SPF値が50、PA値が++++程度のレジャーやアウトドアでも活躍する強い日焼け止めの場合は説明書にも「専用の日焼け止めリムーバーで落としてください」などと書かれていることが多いです。

 

この場合は日焼け止め専用のクレンジングを使ってしっかり落とすようにしておきましょう。

 

「メイク落としなどで落としてください」「クレンジング剤で洗い流してください」と書かれている場合は、通常のメイク落としに使うクレンジング剤でOKです。

 

基本的には多くの日焼け止めが普通のクレンジングで落とせるものになっています。

 

 

塗り直しをしているならクレンジングで落とそう

日焼け止めを何度も塗り直ししてるならクレンジングを使って落としましょう。

 

石鹸でオフできる、肌への負担が少ないクレンジングも増えてきています。

 

ちょっとだけ外出した場合など、特に塗り直しをしていないなら説明書などにあるように石鹸でオフするだけでもOKです。

 

しかし、1日中外にいて、何度も塗り直しをしたという場合は毛穴に日焼け止めの成分が詰まってしまっている可能性が高いので要注意。

 

クレンジングで詰まった日焼け止めを落としてあげましょう。

 

クレンジングジェルなど毛穴に詰まった汚れをしっかりと落とせるタイプのクレンジングがオススメです。

 

体に塗った日焼け止めも必要に応じてクレンジングを使おう

基本的には使用した日焼け止めが推奨しているクレンジングを使いようにしましょう。

 

腕や脚など体に塗った日焼け止めにはクレンジングを使うべきかどうか悩んでいる方も多いでしょう。

 

日焼け止めが石鹸でオフできるものなら、普通の石鹸やボディソープで洗えばOKです。しかし専用のクレンジングの使用が推奨されている場合は身体にもクレンジングを使うことをオススメします。

 

強い日焼け止めを使うと肌が荒れがちな人は、キレイに日焼け止めが落とせていない可能性もあります。石鹸やボディソープなどで洗う前にクレンジングを塗って日焼け止めを浮かせておきましょう。

 

ボディソープなどで洗っても、肌が水を弾いていれば日焼け止めの油分が残っており、キレイに落とせていないということです。こういった場合は専用のクレンジングを使うようにしましょう。

 

日焼け止めの正しいクレンジング方法

 

日焼け止めをキレイに落とすためのクレンジング方法や、クレンジング後のケアなどについてご紹介します。

 

肌を擦らないように注意する

日焼け止めは落ちにくいのでしっかりと落とす必要がありますが、肌を擦ってしまってはいけません。

 

クレンジングを使えば油分で日焼け止めがちゃんと浮くので擦る必要はありません。

 

しっかり馴染ませてから浮いてくるのを待って、水で優しく洗い流しましょう。

 

小鼻など細かい部分は丁寧に

小鼻の周りや口元などは日焼け止めが落ちづらい部分です。

 

どうしても残りがちなので、細かい部分は指を使って丁寧にクレンジングを馴染ませてあげましょう。

 

しっかり落とさなければなりませんが、くれぐれも擦らないように注意しながら行いましょう。

 

素早く洗い流す

クレンジングは素早く行い素早く洗い流しましょう。

 

日焼け止めをしっかり落とすことができる洗浄力の強いクレンジングは、界面活性剤などが多く含まれていて肌への負担が大きくなる可能性もあります。

 

そのため使用する際は時間をかけてクレンジングをするのではなく、手早く行うようにしましょう。

 

日焼け止めの油分が浮いてくるとクレンジングの肌触りが変わるので、浮いてきたらすぐにぬるま湯で洗い流しましょう。

 

クレンジング後はしっかりと保湿をしましょう

普通のメイクを落とす時も同じですが、日焼け止めを落とす時もクレンジング後の保湿が大切です。

 

肌の皮脂などが洗い流されて乾燥しやすい状態になるので、化粧水や乳液、ジェルやクリームなど自分の肌に合った方法でしっかりと保湿をしておきましょう。

 

まとめ

 

日焼け止めを落とすクレンジングについて解説しましたが、いかがでしょうか?

 

夏場は毎日日焼け止めをしっかり塗ってから出勤するという方や、海やプールなどのレジャーでいつもよりUV効果の高い日焼け止めを使うという方も多いでしょう。

 

普段からクレンジングで汚れをきちんと落とすことが大切ですが、日焼け止めは特に目に見えづらく落ちたかどうかが解らないということもあって、落とし残りやすくなります。

 

だからこそ、日焼け止めを使う機会が多いシーズンは特にクレンジングをちゃんと使って洗い流し、肌トラブルが起きるのを防ぎましょう。

 

 

関連ページ

毛穴クレンジングとは
毛穴クレンジングとは、毛穴の中に溜まった老廃物や皮脂などを除去することを呼びます。
毛穴クレンジングの種類について
毛穴クレンジングには、様々な種類があります。クレンジングオイルやクレンジングミルクなど、クレンジングにはさまざまな種類がありますが、あなたはどのようなクレンジングをお使いですか?
アイメイクの正しいクレンジングとは?目元美人はクレンジングが鍵!
アイメイク(マスカラ、アイシャドウ、アイラインなど)のクレンジングの正しい方法を解説していきたいと思います。正しいクレンジングして、目元美人を目指しましょう。
毛穴クレンジングを行うメリット
毛穴クレンジングを行うメリットとしては、毛穴が目立たない肌を維持することが出来るという事です。
クレンジングの重要性とは?メイク汚れは肌トラブルの原因に!
クレンジングは重要性の高いスキンケアの1つで、メイクをするなら欠かせないプロセスの1つ。美容の専門家や皮膚科の医師もクレンジングはとても重要で大切だという意見を持っています。そこで、今回は、クレンジングの重要性や選び方のポイントについて詳しくご紹介します。
クレンジングが出来る石鹸のおすすめ!
クレンジングのできる石鹸とはどんなものなのか、といった点や正しい使い方や注意点、おすすめのクレンジングができる石鹸について詳しくご紹介します。
毛穴クレンジングの選び方とは?肌質やメイクに合わせる!
毛穴クレンジングの選び方としては、自分の肌質やメイクに合わせて選ぶようにしましょう。基本的なクレンジングの選び方を紹介します。
クレンジングの界面活性剤の役割とは?各種クレンジングの界面活性剤の配合量の違いは?
今回は、クレンジングにおける界面活性剤の役割やメリット・デメリットなどを詳しくご紹介します。界面活性剤による肌へのダメージが気になる方のために、各種クレンジングの界面活性剤の配合量などについてもご紹介していきます。
毛穴クレンジングの後のスキンケアとは
毛穴クレンジングをした後の肌は必ずしっかりとスキンケアを肌に施し、水分を補給してあげなければいけません。
美顔器でクレンジング!毛穴の奥までスッキリ!
美顔器によるクレンジングは、普段は落としきれない毛穴の奥のディープな汚れにまでアプローチでき、たいへん注目を集めています。
マツエクを付けている時のクレンジング!正しい方法とは!?
マツエクをつけているときのクレンジングの選び方や、正しいクレンジング方法やについて徹底解説します!