クレンジングの界面活性剤の役割

クレンジングの界面活性剤の役割とは?

 

どのクレンジングにも基本的には合成界面活性剤というものが含まれています。

 

 

この界面活性剤はメイクを洗い流すために必要な成分なのですが、肌へ負担をかけてしまうという側面もあります。

 

「界面活性剤が肌に悪い」ということを知った人の多くは、「それでもクレンジングは必要なの?」「界面活性剤のないクレンジングは無いの?」といった疑問を抱くと思います。

 

そこで今回は、クレンジングにおける界面活性剤の役割やメリット・デメリットなどを詳しくご紹介します。

 

界面活性剤による肌へのダメージが気になる方のために、各種クレンジングの界面活性剤の配合量などについてもご紹介していきます。

 

 

クレンジングにおける界面活性剤の役割

 

クレンジングで界面活性剤は大切な役割が有ります。

 

クレンジングはメイクを落とすために、油分でメイクを肌から浮かせます。

 

しかし、油分は水と馴染まないので、油分でメイクを浮かせた状態にいきなり水で洗い流そうとしても、キレイに流すことができません。

 

そこに界面活性剤を使用すると、本来は馴染まない油分と水分を馴染ませることができます。

 

そのため、油分で浮かせたメイクが水に馴染み、キレイに洗い流すことができるのです。

 

もし界面活性剤が配合されていなければ、キレイに流せずに肌にメイクが残ってしまいます。

 

メイクが残っていると肌荒れなどのトラブルが起き、シミや色素沈着等の原因になってしまうことがあります。

 

 

界面活性剤のメリット

界面活性剤には油分と水分を馴染ませて、メイクをキレイに落とす役割があります。メリットはしっかりと汚れを落とせるという点になります。

 

メイクをキレイに流し、メイク残りによる肌トラブルを防ぐことが出来るのが界面活性剤の良い点です。

 

界面活性剤のデメリット

界面活性剤はしっかり汚れを落とせる一方で、肌のバリア機能を壊してしまうというデメリットもあります。

 

肌は3つの層に分かれているのですが、一番表面の「表皮」もさらにいくつもの層からできています。この表皮にある角質層や皮脂膜などは肌を刺激から守る役割をもっています。肌が水分を保持したり、刺激から防ぐためにとても重要な部分です。

 

しかし、界面活性剤を使用すると肌を守っている角質層や皮脂膜まで洗い流してしまい、表皮を薄くしてしまうことがあります。

 

つまり、界面活性剤を使用することで肌のバリア部分が薄くなっていってしまうのです。

 

バリア機能が低下すると乾燥しやすくなったり、肌が刺激に弱くなるといったことが起こってしまいます。

 

 

界面活性剤のないクレンジングはあるの?

 

肌に悪影響を与えると言われる界面活性剤が含まれないクレンジングはあるのでしょうか?

 

界面活性剤が肌のバリア機能を壊してしまうということを聞くと、「肌に優しいケアがしたいから、界面活性剤のないクレンジングを知りたい!」と思う方も多いでしょう。実際にネットでもよくこういった質問が挙げられます。

 

結論から言えば、市販のクレンジングで界面活性剤が含まれていないものはないようです。

 

しかし、ベビーオイルや植物オイルなどの界面活性剤が含まれていないものを代用してメイクを落とすことは可能です。

 

 

ただ、次のようなデメリットがあるので注意が必要です。

 

界面活性剤の含まれていないオイルでのメイク落としにはデメリットが多い

界面活性剤が含まれていないオイルではメイクを浮かせられても、キレイに洗い流すことができません。

 

キレイにメイクを落とすためにはコットンなどで拭き取ったり、落ちきらなかった汚れをとるためにW洗顔をしっかり行わなければなりません。

 

コットンで肌を擦ることは、肌へ非常に大きなダメージを与えてしまいます。

 

そのダメージは界面活性剤が肌に与える影響よりも大きいと考えられています。

 

その後に洗顔を行うとしても、その洗顔料には界面活性剤が含まれているので意味がありません。

 

また、汚れを落とすためにゴシゴシ洗顔をしてしまえば肌へのダメージは大きくなってしまいます。

 

界面活性剤が与える肌への影響よりも、擦ったり何度も洗顔する方が肌によくありません。

 

界面活性剤が含まれていて、肌に刺激を与えずにメイクを落とせるクレンジングを使ってメイクを落とすべきです。

 

界面活性剤が少ないクレンジング

 

肌へのダメージが気になる方は出来るだけ界面活性剤が少ない肌に優しいクレンジングを選びましょう。

 

 

界面活性剤はメイク落ちをよくして肌への刺激を防ぐことにもつながります。

 

しかし、敏感肌や乾燥肌で界面活性剤による肌へのダメージが気になるというかたもいるでしょう。

 

その場合は、界面活性剤が少ないクレンジングを選ぶことをオススメします。

 

各種クレンジングの界面活性剤の配合量の多さにについても説明します。

 

界面活性剤が最も多いのはオイル・リキッドタイプのクレンジング

クレンジングオイルクレンジングリキッドは最も洗浄力が高く、界面活性剤が大量に含まれている商品が多いです。

 

その分しっかりとメイクを落とすことができるので濃いメイクの場合はオイルタイプを使ってキレイに落とすといいでしょう。

 

しかし、肌への刺激はその分強いので薄いメイクやナチュラルメイクなどそこまで洗浄力が必要でない場合は、他のものを使うべきでしょう。

 

オイルタイプ・リキッドタイプでも界面活性剤の量が少ないものや、肌への刺激を極力抑えた処方になっているものを選びましょう。

 

メイクは濃いけれど肌への刺激を抑えたいという方は、界面活性剤の少ない低刺激のクレンジングオイルを探しましょう。

 

クレンジングジェルの界面活性剤の使用量は中間くらい

クレンジングジェルの界面活性剤の使用量はクレンジングの中では中間ぐらいと言えます。

 

クレンジングジェルには油性タイプと水性タイプのものがあります。油性タイプの方がメイクの落ちはよくなります。

 

商品によって界面活性剤の配合量は違いますが、オイルやリキッドタイプなどと比べると比較的配合量が少ないものが多いです。

 

美容液ベースになっていたり、ジェルのテクスチャーで肌への摩擦を抑えられるといったメリットがあるので肌が弱い方にもオススメです。

 

クリームとミルクタイプのクレンジングは界面活性剤が少ない

クレンジングクリーム・ミルクは界面活性剤の配合量が少ないものが多いです。

 

全体の割合としては10%前後のものが多く「低刺激」「敏感肌でもOK」と書かれている商品も沢山あります。

 

油分を適度に残しつつクレンジングができるので肌の乾燥が気になる方にもオススメです。

 

洗浄力はあまり高くないので、薄めのメイクやベースメイクをあまり厚くしていないという方に適しています。

 

ポイントメイクは別の洗浄力が高いクレンジングで落とすようにするといいでしょう。

 

 

まとめ

 

クレンジングの界面活性剤の役割について解説しましたが、いかがでしょうか?

 

界面活性剤は肌のバリア機能を壊してしまうというデメリットだけではなく「メイクをしっかり落とせる」「擦らずに落とせるので肌への刺激を抑えられる」というメリットもあります。

 

クレンジングにおいては、界面活性剤が含まれていないと逆に肌に悪影響を及ぼしてしまう可能性が高いので、界面活性剤は必要不可欠だと言えます。

 

どうしても気になるという場合は、以下のことに気を付けるといいでしょう。

 

  • メイクを手早く落として界面活性剤が肌に付着している時間を短くする
  • できるだけ界面活性剤が少ないクレンジングを選ぶ
  • 界面活性剤が少ないクレンジングでも落とせるように、メイクを薄くする

 

クレンジング以外にも、界面活性剤は様々な化粧品に含まれています。

 

肌をキレイに保つためにとても便利なものなので一概に「肌に悪いから避けるべき!」と考えるのは良くありません。

 

上手く付き合って肌をキレイにするためのクレンジングをしていきましょう。

 

関連ページ

毛穴クレンジングとは
毛穴クレンジングとは、毛穴の中に溜まった老廃物や皮脂などを除去することを呼びます。
毛穴クレンジングの種類について
毛穴クレンジングには、様々な種類があります。クレンジングオイルやクレンジングミルクなど、クレンジングにはさまざまな種類がありますが、あなたはどのようなクレンジングをお使いですか?
アイメイクの正しいクレンジングとは?目元美人はクレンジングが鍵!
アイメイク(マスカラ、アイシャドウ、アイラインなど)のクレンジングの正しい方法を解説していきたいと思います。正しいクレンジングして、目元美人を目指しましょう。
毛穴クレンジングを行うメリット
毛穴クレンジングを行うメリットとしては、毛穴が目立たない肌を維持することが出来るという事です。
クレンジングの重要性とは?メイク汚れは肌トラブルの原因に!
クレンジングは重要性の高いスキンケアの1つで、メイクをするなら欠かせないプロセスの1つ。美容の専門家や皮膚科の医師もクレンジングはとても重要で大切だという意見を持っています。そこで、今回は、クレンジングの重要性や選び方のポイントについて詳しくご紹介します。
日焼け止めはクレンジングで落とすべき?正しい落とし方やクレンジングの選び方まとめ
日焼け止めは肌に残りやすく、しっかり落とさないと逆に肌トラブルの原因になってしまう可能性もあります。そこで今回は日焼け止めを塗った際のクレンジング方法やクレンジングの正しい選び方などについてご紹介します。
クレンジングが出来る石鹸のおすすめ!
クレンジングのできる石鹸とはどんなものなのか、といった点や正しい使い方や注意点、おすすめのクレンジングができる石鹸について詳しくご紹介します。
毛穴クレンジングの選び方とは?肌質やメイクに合わせる!
毛穴クレンジングの選び方としては、自分の肌質やメイクに合わせて選ぶようにしましょう。基本的なクレンジングの選び方を紹介します。
毛穴クレンジングの後のスキンケアとは
毛穴クレンジングをした後の肌は必ずしっかりとスキンケアを肌に施し、水分を補給してあげなければいけません。
美顔器でクレンジング!毛穴の奥までスッキリ!
美顔器によるクレンジングは、普段は落としきれない毛穴の奥のディープな汚れにまでアプローチでき、たいへん注目を集めています。
マツエクを付けている時のクレンジング!正しい方法とは!?
マツエクをつけているときのクレンジングの選び方や、正しいクレンジング方法やについて徹底解説します!