薄化粧にオススメのクレンジング

薄化粧にオススメのクレンジング!選び方のポイントとは?

 

薄化粧だとクレンジング選びに困る方も多いようです。

 

 

薄化粧が好きで、ベースメイクはBBクリームや薄付きのファンデーションで済ませているような方の中には、クレンジングの選び方で迷ってしまう…という悩みを持つ方が多いようです。

 

薄化粧(チュラルメイク)なら、クレンジングは弱いものを選んでOKです。

 

但し、「薄化粧だからクレンジングは必要ない!」と考えるのはNGです。必ずクレンジングしましょう。

 

また、クレンジングの選び方1つで肌のコンディションが大きく変わります。間違った選び方をしていると肌トラブルを引き起こしてしまう可能性も…。

 

そこで今回は、薄化粧の方に知っておいて欲しい、クレンジングの選び方やオススメのクレンジングについて詳しくご紹介します。

 

薄化粧でもクレンジングは必要!

 

「薄化粧だからクレンジングは必要ない」「石鹸で十分」だと考えている方も中にはいます。

 

しかし、結論から言えば、薄化粧でもクレンジングは必ず必要です。

 

その理由についてご紹介します。

 

メイクはクレンジングでしか落ちない

薄化粧でもメイクはクレンジングを使わなければキレイに落ちません。

 

薄化粧であっても、濃いメイクであっても、メイクは「油分」に分類されます。油分は同じく油分で浮かせないとキレイに落ちません。

 

種類によっては「石鹸で落とせる」と書かれているものもありますが、中には石鹸では十分に落ちないものであっても「石鹸で落ちる」と記載されている化粧品があります。

 

クレンジングを使わずに落とせるのなら、その方が肌には負担がかかりません。しかし、メイクが十分に落ちていなければ、それ以上に肌に負担をかけてしまうことになります。

 

薄化粧でもクレンジングを使ってキレイに落とすことが大切です。

 

毛穴の汚れや詰まりなどクレンジングでケア出来る

化粧の濃さに関わらずクレンジングには毛穴の汚れや詰まりなどをケアする働きがあります。

 

ミネラルファンデーションなどの「長時間肌に付着していてもOK」と書かれているような化粧品の場合は、クレンジングを使わないという方もいるかもしれません。

 

しかし、クレンジングはメイクを落とすためだけではなく、油分が多い毛穴汚れを落としてくれます。

 

石鹸ではこういった汚れが十分に落ちない場合があり、毛穴の詰まりの原因になってしまうことがあります。

 

比較的刺激の弱いクレンジングなら肌への負担も小さいので、石鹸だけで済ませずにできるだけクレンジングを使って汚れをちゃんと落としてあげましょう。

 

薄化粧の人のクレンジングの選び方のポイント

 

薄化粧の場合にクレンジングを選ぶポイントについてご紹介します。

 

 

肌への刺激が弱いものを選ぼう

薄化粧の場合はメイクを落とす力は弱くても十分なので、極力肌への刺激が弱いものを選んでもOKです。

 

クレンジングは肌への刺激が弱いものほど、メイクを落とす力が弱くなります。

 

「低刺激」「肌に優しい」「敏感肌用」などと書かれているものは比較的肌への刺激が弱い物だと思っておいていいでしょう。

 

添加物が少ないものを選ぼう

クレンジングには、保存期間を長くするための保存料や防腐剤などが含まれているものがあります。

 

また、使用感を高めるために香料や着色料を使っているケースもあります。

 

これらの添加物は肌への刺激を大きくしてしまうもので、肌には必要がありません。

 

出来るだけこのような添加物が含まれていないクレンジングを選ぶようにしましょう。

 

ポイントメイクは別のアイテムを使おう

ベースメイクが薄めの方でも、アイラインやマスカラ、アイシャドウなどのアイメイクや口紅などのリップメイクなどのポイントメイクを行う場合は注意が必要です。

 

クレンジングミルクやクリームなどの低刺激のクレンジングではポイントメイクは上手く落ちないことがあります。

 

お湯でオフできるようなフィルムタイプのマスカラや、石鹸でも簡単に落ちるポイントメイクの場合は問題ありません。

 

しかし、そうでない場合はポイントメイクだけを先に別のアイテムを使って落としておきましょう。

 

ポイントメイクを落とすのに使うアイテムとしては「ポイントメイクリムーバー」や「アイメイクリムーバー」といった専用のものや、クレンジングオイルなどの洗浄力が強いものを選ぶことをオススメします。

 

薄化粧にオススメのクレンジング

 

薄化粧の方に多く選ばれている、人気のクレンジングをピックアップしてご紹介します。

 

クレンジング選びで迷っている方は参考にしてみて下さい。

 

クレンジングミルク・クリームがオススメ

洗浄力が弱く肌への刺激が弱いものとして知られているのがクレンジングクリームやクレンジングミルクです。

 

特にクレンジングミルクは肌バリアを奪ってしまう界面活性剤の配合割合が少なく、肌への刺激が抑えられています。

 

その分メイクを落とす力も弱いのですが、薄化粧ならクレンジングミルクでも十分に落とすことができるので安心して使用できます。

 

クレンジングリサーチ リニューモイストジェルミルククレンジングの特徴

クレンジングから見直すエイジングケア!

ミルククレンジングなのにメイクがするんと落ちるので、手早くクレンジングが出来てより肌への負担を軽減させることができます。

角質ケア成分である発行ローズとはちみつ、セラミドAHAが含まれています。

やさしい力で古い角質を取り除くことができるので、負担をかけずに肌の調子を整えることが可能です。

保湿成分も含まれているので乾燥ぎみな肌の方にもオススメです。

価格 1100円
評価 評価5
備考 135ml 1100円(税抜)

カウブランド ミルククレンジングの特徴

デリケート肌を考えた無添加・低刺激処方!

ミルククレンジングなのにメイクがするんと落ちるので、手早くクレンジングが出来てより肌への負担を軽減させることができます。

角質ケア成分である発行ローズとはちみつ、セラミドAHAが含まれています。

やさしい力で古い角質を取り除くことができるので、負担をかけずに肌の調子を整えることが可能です。

保湿成分も含まれているので乾燥ぎみな肌の方にもオススメです。

価格 880円
評価 評価4.5
備考 150ml 880円(税別)

キュレル ジェルクレンジングの特徴

優しくメイクを落としたい方にオススメのジェルクレンジング。

ジェルタイプですが、敏感肌用に作られていて馴染みが良く、肌への刺激が抑えられます。

肌の必須成分「セラミド」を守りながら、落ちにくい口紅や毛穴の奥のファンデーション・日やけ止めをすっきりと落とします。

価格 オープン価格円
評価 評価4
備考 130g オープン価格

 

 

まとめ

 

薄化粧にオススメのクレンジングについて解説しましたが、いかがでしょうか?

 

肌にとって大切なのは、どれだけ刺激を少なく出来るかという点です。肌に負担をかけないことが、肌の健康につながっていきます。

 

薄化粧なら洗浄力の弱いクレンジングでもOKです。つまりそれは、低刺激のクレンジングでも十分にメイクを落としきること出来るということです。

 

薄化粧の特は、洗浄力の強いオイルタイプのものや、しっかり落とせるタイプのクレンジングを使っているという場合は見直してみましょう。

 

また、薄化粧の日と濃い化粧の日はクレンジングを使い分けるという方法もあります。

 

できるだけ肌への負担を抑えたいという方は、メイクによってクレンジングを使い分けてみてもいいでしょう。

 

低刺激のクレンジングを使うことで、肌トラブルを防ぐことができます。

 

また、肌への刺激を抑えていくことで肌の老化を食い止めることにもつながるので、ぜひクレンジングを薄化粧に合ったものに変えていきましょう。

 

関連ページ

オイルクレンジングでのおすすめ!しっかりメイクもスッキリ落とす!
毛穴クレンジングで利用することが多いとされているのが、オイルクレンジングです。クレンジングには、いつくかの種類がありますが、中でもクレンジングオイルは、メイクをしっかり落とせるクレンジング剤として、多くの女性に親しまれています。
クレンジングミルクのおすすめ!肌にやさしくサラサラな使い心地!
毛穴クレンジングの中で最も肌に優しいとされているのが、ミルククレンジングです。クレンジングミルクはナチュラルメイクにおすすめのクレンジングです。
ノンケミカルのクレンジングのおすすめ!科学物質が少ないクレンジング!
肌が弱く敏感な方や、できるだけ肌に優しいものを使用したいと考えている方の場合は「ノンケミカルのクレンジングってないの?」「肌に悪いものが入っていないクレンジングを選びたい」と思っているのではないでしょうか?そこで今回は、ノンケミカルのクレンジングについて解説し、おすすめを紹介します。
クレンジングの代用品!!クレンジングがなくなった時に代わりになる物とは?
実は身近な物で、クレンジングの代用品となるものがあります。そこで、今回はクレンジングが無くて困ってしまったときの対処法として、クレンジングの代用品となる物をご紹介します。クレンジングが無いときは代わりに使用してみてはいかがでしょうか?
ジェルで毛穴クレンジングをする
毛穴クレンジングの中には、ポンプ式や、チューブ式で販売されているジェルタイプがあります。
クレンジングシートのおすすめ!手軽にクレンジング出来る!
クレンジングシートは、手軽で簡単に化粧落とし出来ると人気のあるクレンジング剤です。疲れた日や、時間のない時、お泊りの日にも大活躍してくれる便利なクレンジングアイテムです。
クレンジングリキッドのおすすめ!さっぱりなのにしっかりメイクオフ
クレンジングリキッドはサラサラとしたテクスチャーでさっぱりとした使い心地です。塗れた手でも使用できるものが多く、とにかく手軽なクレンジング剤として、忙しい現代の女性から多くの支持を集めています。
クレンジングクリームのおすすめ!しっとり肌に優しくクレンジング
クレンジングクリームは、少し使うのに手間が掛かるようなイメージのクレンジングです。それは、上手く使うには使い方に少し工夫が必要なためです。
ホットクレンジングのおすすめ!ランキングでも上位に!
ホットクレンジングが人気です。インターネットサイトやドラッグストアでもよく見かけます。温感効果があることは想像がつきますが、実際、どのようなクレンジング効果があるのでしょうか?
ダブル洗顔不要クレンジングのおすすめ!ランキング発表!
ダブル洗顔不要のクレンジングはクレンジングと洗顔が一度で出来るのでとても便利です。時間のない忙しいときや、疲れているときのお助けアイテムとしても人気があります。
オイルフリークレンジングのおすすめ!落とし過ぎないさっぱりな使い心地
オイルフリークレンジングは、肌に負担をかけないクレンジング剤として注目を集めています。「なんなく肌によさそう」イメージはありますが、実際、どのような効果があるのでしょうか?
水クレンジングのおすすめ!水のようなサラサラなクレンジング
近頃、よく耳にする「水クレンジング」、あなたはもうお使いですか?メイクを手軽に落とせる便利なアイテムとして、人気急上昇中です。今回はそんな便利な「水クレンジング」のメリット、デメリット、正しい使い方などを、たっぷり解説していきたいと思います。
塗れた手でも使えるクレンジング!忙しい女性の強い味方
今回は、濡れた手でも使えるクレンジングの種類や効果的な使い方、おすすめ商品などを紹介していきたいと思います!
ホホバオイルでクレンジングはできる!?流行りのオイル美容♪
近頃天然100%のオイルを使用した「オイル美容」が流行していますが、中でもホホバオイルは優秀で、クレンジングにも使用することができます。
オリーブオイルでクレンジングが出来る!?その効果や方法を徹底解説♪
オリーブオイルを使用したクレンジングの効果や方法、注意点などを徹底解説していきたいと思います!天然のオイルでクレンジングをしてみたい方、オリーブオイルのクレンジングの方法を知りたい方などは、よかったら参考にしてみてくださいね♪
プチプラ・クレンジングのおすすめ!お財布に優しいクレンジング!
プチプラのクレンジングを使用するメリットや注意点、おすすめのプチプラ・クレンジングをご紹介します。
芸能人愛用のクレンジングとは?人気クレンジングと選び方のポイント
芸能人が愛用しているクレンジングを紹介します。クレンジングはスキンケアアイテムの中でも特に重視すべきアイテムだと言われています。ですが、なかなか良いクレンジングに出会えない…と悩んでいる方も多いでしょう。そこでおすすめなのが芸能人が愛用しているクレンジングをチェックすること。