ホホバオイルでクレンジング

ホホバオイルでクレンジングはできる!?流行りのオイル美容♪

 

ホホバオイルでクレンジングができるのをご存じですか?

 

 

近頃天然100%のオイルを使用した「オイル美容」が流行していますが、中でもホホバオイルは優秀で、クレンジングにも使用することができます。

 

そこで今回は、ホホバオイルを使ったクレンジング方法について、たっぷり解説していきたいと思います。

 

オイル美容を始めている方も、これから始める方も、よかったら参考にしてみてくださいね♪

 

ホホバオイルとは

 

ホホバオイルとは、砂漠地帯に生息する植物「ホホバ」というツゲ科の多年草の種子から抽出される、天然のオイルです。

 

古来からスキンケアやヘアケアなど、さまざまな美容用途に取り入れられてきました。

 

近頃流行している、100%の天然のオイルを使用した美容法「オイル美容」でも更なる注目を集め、アルガンオイルやココナッツオイルとともに人気を博してきました。

 

 

ホホバオイルがクレンジングに向いている理由

 

ホホバオイルがクレンジングの向いている理由について解説します。

 

 

メイクアップ化粧品は、油分が含まれているので同じ油分であるオイルとは馴染みやすい性質にあり、メイクを浮かすことができます。

 

中でも、ホホバオイルがクレンジングに向いている理由は次のようになります。

 

 

刺激が少ない!

ホホバオイルは「ワックスエステル」という成分が90%を占めています。

 

このワックスエステルは、人の肌にも20?30%含まれており潤いを保っている成分です。

 

そのため、ホホバオイルは肌なじみがよく、直接乗せても刺激が少ないという特徴があります。

 

この「ワックスエステル」は、植物で唯一ホホバオイルに含まれているという、貴重な成分です。

 

酸化しにくい!

ホホバオイルは安定性に優れており、酸化しにくいという特徴があります。

 

防腐剤などの添加物が加えられていなくても、長く使用できるという利点をもっています。

 

殺菌力がある!

ホホバオイルが分子が小さく肌に浸透しやすいため、顔に付着した雑菌から肌を守ってくれるという効果もあります。

 

ホホバオイルのクレンジングのメリット

 

多くのクレンジング剤が発売されている中、あえてホホバオイルでクレンジングする方法が注目されているのには、理由があります。

 

 

それは、「肌への負担が少ない」という点です。

 

市販のクレンジング剤には、相反する油と水をくっつける役割をする「界面活性剤」が含まれています。

 

界面活性剤は、水で洗い流しやすくする効果があるのでクレンジング剤にとってはなくてはならない成分です。

 

しかし、肌への刺激があるため、敏感肌の方は配合量に気をつけた方がいいとされている成分です。

 

一方、100%天然のホホバオイルは、界面活性剤が含まれていないので、その分、肌への刺激が少なくて済むというわけです。

 

 

ホホバオイルのクレンジングのデメリット

 

ホホバオイルを使ったクレンジングのデメリットを紹介します。

 

 

界面活性剤が含まれていないため、一般のクレンジング剤のように、水でさっぱりと洗い流すことができないということです。

 

ホホバオイルでクレンジングをした後は、必ず洗顔料でしっかりと洗い流す必要があります。

 

近年、手間のかからない「ダブル洗顔不要のクレンジング剤」も人気がありますが、そのように手軽に使うことができないのが、ホホバオイルのクレンジングのデメリットです。

 

忙しいときや、疲れているときには、あまり向いていないクレンジングかもしれません。

 

 

クレンジングに適したホホバオイルの種類

 

ホホバオイルであれば、どんなものでも大丈夫なのでしょうか?

 

クレンジングに適したホホバオイルがあるのかを、チェックしておきましょう。

 

ホホバオイルの種類

ホホバオイルには、次のように大きく分けて2種類あります。

 

未精製の黄色のホホバオイル

黄色のホホバオイルは、低温状態で絞り出された未精製のオイルで、不純物が入りにくく天然100%の上質なオイルです。 品質に優れている分、価格が高いというデメリットもあります。

 

精製された透明のホホバオイル

熱を与えて高圧をかけながら精製されたホホバオイルは、透明になります。

 

精製する過程で、本来ホホバオイルに含まれているビタミンやミネラルが減ってしまったり、また不純物が混入する可能性もあり、未精製のホホバオイルに比べて、品質が劣ってしまいます。

 

一方で、比較的安価で販売されているというメリットもあります。

 

 

クレンジングに向いているのは「未精製ののホホバオイル」

クレンジングとしておすすめなのは、肌にやさしい未精製の「黄色のホホバオイル」です。

 

ただし、価格が高いというデメリットもあります。

 

ただし、高級品だと思って、ケチケチ使ってしまうと、逆に肌への摩擦を引き起こしてしまいます。

 

価格が気になる方は、透明のホホバオイルで量を気にせず使うほうがよいでしょう。

 

ホホバオイルのクレンジングの方法

 

ホホバオイルのクレンジングの方法をご紹介していきたいと思います。

 

  1. ウォータープルーフのマスカラなど、濃いアイメイクをしているときは、最初にポイントメイクリムバーでオフしておきましょう。アイメイクが薄いときは、ここを飛ばしてOKです。
  2. 乾いた手に、500円玉分くらいのホホバオイルを出します。
  3. 額と鼻のTゾーンに指でくるくると馴染ませて、メイクを浮かせていきます。
  4. 顎や頬のUゾーンにも、同様に馴染ませていきます。
  5. 目の周り、口の周りに馴染ませていきます。
  6. 顔全体に馴染ませます。
  7. ぬるま湯で洗い流します。または、蒸しタオルで優しく拭き取ってもOKです。
  8. お使いの洗顔料で洗顔します。

 

 

ホホバオイルのクレンジングの注意点

 

ホホバオイルのクレンジングには、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

 

 

適量を守る!

ホホバオイルの量が少なすぎると、肌への摩擦が起きてしまいます。肌への摩擦はニキビや乾燥などのトラブルの原因となります。顔全体に伸ばしても、指がくるくると軽く動く程度の分量を、しっかり使うようにしましょう。

 

必ず洗顔料でホホバオイルはしっかり落とす!

ホホバオイルでのクレンジングが終わったあとは、必ずお使いの洗顔料で洗顔してください。ぬるま湯で洗い流すか、蒸しタオルで拭き取るだけではベタベタとした感触が残ってしまいます。

 

吹き出物などのトラブルが出たらすぐに使用中止する!

刺激が少ないクレンジング法ですが、全ての肌に合うとは限りません。万が一、吹き出物や乾燥などのトラブルが起きてしまったら、すぐに中止しましょう。

 

開封後、1年で使いきる

半永久的に性質が変わらないと言われているホホバオイルですが、開封後は手に付着した殺菌などが入り込む可能性もあります。全ての化粧品にいえることですが、ホホバオイルも1年を目安に使いきるようにしましょう。

 

直射日光の当たらない冷暗所で保管

ホホバオイルは、直射日光が当たらない冷暗所で保管しましょう。25℃?26℃くらいが適温とされており、10℃以下になると固まってしまうという性質もあります。万が一固まってしまったら、常温の場所に置いて液体に戻しましょう。その後は性質も変化することなく、使用を続けることができます。

 

 

おすすめのホホバオイル

 

おすすめのホホバオイルを紹介します。

 

NATURAL ORCHESTRAの特徴

[ ECOCERT ] 世界最高権威フランス有機認証機関
[ COSMOS ] ヨーロッパ統合有機認証機関

 
2機関の厳しい基準をクリアーし、100%オーガニックの認定を受けた世界最高品質のホホバオイルです。

まずはお試しサイズの34mlから。
ご自身で実際にお使い頂き、その効果を実感してください。

価格 2778円
評価 評価5
備考 お試し34ml 2788円(税別)

 

 

まとめ

 

ホホバオイルでをクレンジングで使う場合について紹介しましたが、いかがでしょうか?

 

ホホバオイルのクレンジングは少々手間がかかりますが、肌への刺激が少なくやさしいクレンジングです。

 

週末のスペシャルケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

関連ページ

オイルクレンジングでのおすすめ!しっかりメイクもスッキリ落とす!
毛穴クレンジングで利用することが多いとされているのが、オイルクレンジングです。クレンジングには、いつくかの種類がありますが、中でもクレンジングオイルは、メイクをしっかり落とせるクレンジング剤として、多くの女性に親しまれています。
クレンジングミルクのおすすめ!肌にやさしくサラサラな使い心地!
毛穴クレンジングの中で最も肌に優しいとされているのが、ミルククレンジングです。クレンジングミルクはナチュラルメイクにおすすめのクレンジングです。
薄化粧にオススメのクレンジング!選び方のポイントとは?
「薄化粧だからクレンジングは必要ない!」と考えるのはNGです。必ずクレンジングしましょう。また、クレンジングの選び方1つで肌のコンディションが大きく変わります。間違った選び方をしていると肌トラブルを引き起こしてしまう可能性も…。そこで今回は、薄化粧の方に知っておいて欲しい、クレンジングの選び方やオススメのクレンジングについて詳しくご紹介します。
ノンケミカルのクレンジングのおすすめ!科学物質が少ないクレンジング!
肌が弱く敏感な方や、できるだけ肌に優しいものを使用したいと考えている方の場合は「ノンケミカルのクレンジングってないの?」「肌に悪いものが入っていないクレンジングを選びたい」と思っているのではないでしょうか?そこで今回は、ノンケミカルのクレンジングについて解説し、おすすめを紹介します。
クレンジングの代用品!!クレンジングがなくなった時に代わりになる物とは?
実は身近な物で、クレンジングの代用品となるものがあります。そこで、今回はクレンジングが無くて困ってしまったときの対処法として、クレンジングの代用品となる物をご紹介します。クレンジングが無いときは代わりに使用してみてはいかがでしょうか?
ジェルで毛穴クレンジングをする
毛穴クレンジングの中には、ポンプ式や、チューブ式で販売されているジェルタイプがあります。
クレンジングシートのおすすめ!手軽にクレンジング出来る!
クレンジングシートは、手軽で簡単に化粧落とし出来ると人気のあるクレンジング剤です。疲れた日や、時間のない時、お泊りの日にも大活躍してくれる便利なクレンジングアイテムです。
クレンジングリキッドのおすすめ!さっぱりなのにしっかりメイクオフ
クレンジングリキッドはサラサラとしたテクスチャーでさっぱりとした使い心地です。塗れた手でも使用できるものが多く、とにかく手軽なクレンジング剤として、忙しい現代の女性から多くの支持を集めています。
クレンジングクリームのおすすめ!しっとり肌に優しくクレンジング
クレンジングクリームは、少し使うのに手間が掛かるようなイメージのクレンジングです。それは、上手く使うには使い方に少し工夫が必要なためです。
ホットクレンジングのおすすめ!ランキングでも上位に!
ホットクレンジングが人気です。インターネットサイトやドラッグストアでもよく見かけます。温感効果があることは想像がつきますが、実際、どのようなクレンジング効果があるのでしょうか?
ダブル洗顔不要クレンジングのおすすめ!ランキング発表!
ダブル洗顔不要のクレンジングはクレンジングと洗顔が一度で出来るのでとても便利です。時間のない忙しいときや、疲れているときのお助けアイテムとしても人気があります。
オイルフリークレンジングのおすすめ!落とし過ぎないさっぱりな使い心地
オイルフリークレンジングは、肌に負担をかけないクレンジング剤として注目を集めています。「なんなく肌によさそう」イメージはありますが、実際、どのような効果があるのでしょうか?
水クレンジングのおすすめ!水のようなサラサラなクレンジング
近頃、よく耳にする「水クレンジング」、あなたはもうお使いですか?メイクを手軽に落とせる便利なアイテムとして、人気急上昇中です。今回はそんな便利な「水クレンジング」のメリット、デメリット、正しい使い方などを、たっぷり解説していきたいと思います。
塗れた手でも使えるクレンジング!忙しい女性の強い味方
今回は、濡れた手でも使えるクレンジングの種類や効果的な使い方、おすすめ商品などを紹介していきたいと思います!
オリーブオイルでクレンジングが出来る!?その効果や方法を徹底解説♪
オリーブオイルを使用したクレンジングの効果や方法、注意点などを徹底解説していきたいと思います!天然のオイルでクレンジングをしてみたい方、オリーブオイルのクレンジングの方法を知りたい方などは、よかったら参考にしてみてくださいね♪
プチプラ・クレンジングのおすすめ!お財布に優しいクレンジング!
プチプラのクレンジングを使用するメリットや注意点、おすすめのプチプラ・クレンジングをご紹介します。