クレンジングの代用品

クレンジングの代用品!!クレンジングがなくなった時に代わりになる物とは?

 

クレンジングが無い場合の代用品を紹介します。

 

 

メイク落としの際に、クレンジングが切れてしまって困ったことはありませんか?

 

忙しくてあたらしいものを購入するのを忘れていた…。こんなことありませんか?

 

実は身近な物で、クレンジングの代用品となるものがあります。

 

そこで、今回はクレンジングが無くて困ってしまったときの対処法として、クレンジングの代用品となる物をご紹介します。

 

クレンジングが無いときは代わりに使用してみてはいかがでしょうか?

 

クレンジングの代用品

 

クレンジングの代用品となる物を紹介します。

 

  • オリーブオイル
  • ハンドクリーム
  • ベビーオイル
  • ボディクリーム・ナイトクリーム
  • ワセリン
  • 乳液

 

それぞれに特徴があるので、解説していきます。

 

オリーブオイルをクレンジングの代用品として使う!

 

オリーブオイルはクレンジングの代用品として使うことができます。

 

但し、いくつか注意点もあるのでチェックしておきましょう。

 

 

クレンジングオイルと同じ使い方

普通のクレンジングオイルと同じように、肌になじませてメイクが浮いてきたらぬるま湯で洗い流しましょう。

 

メイクを落とすために作られたものではないので、メイクが浮いてくるまでに時間がかかりますが、擦ったりしないように注意しましょう。

 

精製度の低いものには注意

食用のオリーブオイルの中には精製度が低く、肌に付けるとトラブルが起きる可能性もあります。

 

油焼けを起こして肌が荒れたりしてしまっては大変です。

 

エクストラヴァージンオイルは比較的精製度高いので肌につけても問題が無い場合が多いです。

 

しかし、開封後しばらく時間が経ってしまっているものはどうしても脂が劣化していて肌に負担をかける可能性があります。

 

家にあれば食用ではなくボディオイルとして使用できるような肌に付けることを前提としているオリーブオイルがオススメです。

 

どうしても食用しかないという場合は、エクストラヴァージンオイルなどの精製度が高いものを選びましょう。

 

脂性肌やニキビ肌の場合は注意

脂性肌の場合はオリーブオイルを使うと油分を与えすぎてしまう可能性があります。

 

脂性肌の方は別のアイテムを使うか、しっかり落とすように心がけましょう。

 

また、オリーブオイルに含まれているオレイン酸はニキビを引き起こす細菌のエサになってしまうことがあるので、ニキビ肌の方は避けておいた方がいいでしょう。

 

 

ハンドクリームをクレンジングの代用品として使う!

 

ハンドクリームもクレンジングの代用品として使えます。

 

 

クレンジングクリームと同じ要領で使う

ハンドクリームはクレンジングクリームでのメイク落としと同じような形で使用するといいでしょう。

 

肌に優しく塗り広げ、メイクが馴染むまで待ちます。メイクが浮いてきたらコットンでクリームを少しふき取り、洗い流しましょう。

 

メイクを落としたら洗顔を必ず行う

ハンドクリームだけではホコリなど水性の汚れは落ちません。

 

メイクの油分は取り除けますが、それでもまだ肌に汚れが残っているので必ずその後洗顔を行うようにしましょう。

 

擦らないように注意

ハンドクリームではどうしても濃いメイクは落ちづらいので、洗い流した後に残ってしまう可能性もあります。

 

しかしメイクが残った部分を擦ってしまうと肌を傷つけてしまうので擦ることは避け、別のアイテムを使って観たり、もう一度ハンドクリームで部分的にクレンジングをするなどして対処しましょう。

 

ベビーオイルをクレンジングの代用品として使う!

 

ベビーオイルは肌に優しいオイルです。油分がメイクを浮かせてくれるのでクレンジングの代用品としても使えます。

 

赤ちゃんのデリケートな肌にも使用できるアイテムなので敏感肌でも使用が可能です。

 

 

 

クレンジングオイルと同じ要領で使う

ベビーオイルは基本的にクレンジングオイルと同じ使い方で使用します。

 

但し、メイクを落とすために作られたものではありませんので、クレンジングオイルに比べると洗浄力はかなり落ちてしまいます。

 

そのためまずは油分の多いTゾーンから始め、Uゾーン、目元・口元…という順番でパーツごとに丁寧にクレンジングをしていくことを推奨します。

 

指先でくるくるとオイルをしっかりと馴染ませるようにつけるとメイク汚れが浮きやすくなります。

 

蒸しタオルを使えば毛穴汚れが落ちやすくなる

オイルを十分馴染ませた後、蒸しタオルで顔を温めて毛穴を開かせます。

 

その後ぬるま湯で洗い流すと、毛穴に詰まった汚れや角栓が落ちやすくなります。

 

ベビーオイルには角栓などの汚れを浮かせるほどの洗浄力はありませんので、手間はかかりますが蒸しタオルを活用してみてください。

 

 

ボディクリーム・ナイトクリームをクレンジングの代表品として使う!

 

ハンドクリームと同様に、ボディクリームやナイトクリームも油分が多く含まれているのでクレンジングの代用品として使用できます。

 

 

クレンジングクリームと同じ要領で使う

ハンドクリームと同じく、クレンジングクリームと同じ要領で使います。

 

但し、クレンジングクリームに比べると伸びが悪く、固めのテクスチャ―の場合が多いので要注意。

 

手のひらでしっかりと延ばしてから、肌につけて優しく馴染ませるようにしましょう。

 

拭き取ってから洗い流してべたつきを防ぐ

普通に洗い流すだけでは油分が残り過ぎてしまい、べたつきが気になってしまう可能性があります。

 

コットンやティッシュなどで優しくクリームをふき取ってからぬるま湯で洗い流すといいでしょう。

 

ワセリンをクレンジングの代用品として使う!

 

ワセリンは成分のほとんどが油なので、メイクと馴染んで浮かせることができます。

 

 

保湿ケアのために常備しているものがあれば使えるかチェックしてみましょう。

 

クレンジングジェルの要領で使用する

クリームのような、ゲルのようなテクスチャーのワセリン。

 

クレンジングジェルのように肌につけて指の腹を使って優しく馴染ませ、十分にメイクを浮かせてから洗い流します。

 

ほとんどが油分なのでしっかりとメイクが浮き、キレイに落とすことができます。

 

しっかりと洗い流す

ワセリンはぬるま湯で洗い流しても肌に残ってべたついてしまうことがあります。

 

そのため洗顔をちゃんとしてワセリンを洗い流すようにしましょう。そうしなければ肌に付着した油分が酸化してトラブルの原因となってしまう可能性があります。

 

洗い流す前にコットンかティッシュなどで優しくふき取っておくといいでしょう。また、洗顔を丁寧に行っておくことも大切です。

 

乳液をクレンジングの代用品として使う!

 

乳液には油分が多く含まれているので薄いメイクなら落ちることがあります。

 

肌に良い成分も含まれているので安心して使えます。

 

 

コットンを使って落とす

乳液でクレンジングを行う場合は、コットンに乳液をたっぷりと染み込ませてから使用します。

 

コットンでくるくると肌をなぞり、乳液を肌になじませながらメイクを落としていきます。

 

そのあと水をコットンに含ませてから拭き取るという方法で乳液を落とします。

 

上記の方法を何度か繰り返すと、メイクが落ちていきます。コットンにファンデーションの色がつかなくなるまで行いましょう。

 

敏感肌の場合は要注意

乳液はメイクを落とすために作られたものではないので、どうしても洗浄力が低く、メイクが落としづらくなります。

 

そのため何度もコットンで拭き取ることになります。

 

敏感肌の場合はコットンで何度も拭き取ると肌に負担をかかりすぎてしまう可能性もあります。

 

できるだけ丁寧に優しい力で拭き取るようにするか、別のアイテムを使用するようにしましょう。

 

まとめ

 

クレンジングの代表品になる物を紹介しましたが、いかがですか?

 

今回ご紹介したクレンジングの代用となるアイテムは、どれも普通のクレンジングよりも肌への摩擦が起きやすく、負担を掛けてしまいます。

 

そのため代表品では毎日のクレンジングには適しません。

 

あくまでも代用品としてクレンジングが無い場合の応急処置をするためのものとして考えておきましょう。

 

関連ページ

オイルクレンジングでのおすすめ!しっかりメイクもスッキリ落とす!
毛穴クレンジングで利用することが多いとされているのが、オイルクレンジングです。クレンジングには、いつくかの種類がありますが、中でもクレンジングオイルは、メイクをしっかり落とせるクレンジング剤として、多くの女性に親しまれています。
クレンジングミルクのおすすめ!肌にやさしくサラサラな使い心地!
毛穴クレンジングの中で最も肌に優しいとされているのが、ミルククレンジングです。クレンジングミルクはナチュラルメイクにおすすめのクレンジングです。
薄化粧にオススメのクレンジング!選び方のポイントとは?
「薄化粧だからクレンジングは必要ない!」と考えるのはNGです。必ずクレンジングしましょう。また、クレンジングの選び方1つで肌のコンディションが大きく変わります。間違った選び方をしていると肌トラブルを引き起こしてしまう可能性も…。そこで今回は、薄化粧の方に知っておいて欲しい、クレンジングの選び方やオススメのクレンジングについて詳しくご紹介します。
ノンケミカルのクレンジングのおすすめ!科学物質が少ないクレンジング!
肌が弱く敏感な方や、できるだけ肌に優しいものを使用したいと考えている方の場合は「ノンケミカルのクレンジングってないの?」「肌に悪いものが入っていないクレンジングを選びたい」と思っているのではないでしょうか?そこで今回は、ノンケミカルのクレンジングについて解説し、おすすめを紹介します。
ジェルで毛穴クレンジングをする
毛穴クレンジングの中には、ポンプ式や、チューブ式で販売されているジェルタイプがあります。
クレンジングシートのおすすめ!手軽にクレンジング出来る!
クレンジングシートは、手軽で簡単に化粧落とし出来ると人気のあるクレンジング剤です。疲れた日や、時間のない時、お泊りの日にも大活躍してくれる便利なクレンジングアイテムです。
クレンジングリキッドのおすすめ!さっぱりなのにしっかりメイクオフ
クレンジングリキッドはサラサラとしたテクスチャーでさっぱりとした使い心地です。塗れた手でも使用できるものが多く、とにかく手軽なクレンジング剤として、忙しい現代の女性から多くの支持を集めています。
クレンジングクリームのおすすめ!しっとり肌に優しくクレンジング
クレンジングクリームは、少し使うのに手間が掛かるようなイメージのクレンジングです。それは、上手く使うには使い方に少し工夫が必要なためです。
ホットクレンジングのおすすめ!ランキングでも上位に!
ホットクレンジングが人気です。インターネットサイトやドラッグストアでもよく見かけます。温感効果があることは想像がつきますが、実際、どのようなクレンジング効果があるのでしょうか?
ダブル洗顔不要クレンジングのおすすめ!ランキング発表!
ダブル洗顔不要のクレンジングはクレンジングと洗顔が一度で出来るのでとても便利です。時間のない忙しいときや、疲れているときのお助けアイテムとしても人気があります。
オイルフリークレンジングのおすすめ!落とし過ぎないさっぱりな使い心地
オイルフリークレンジングは、肌に負担をかけないクレンジング剤として注目を集めています。「なんなく肌によさそう」イメージはありますが、実際、どのような効果があるのでしょうか?
水クレンジングのおすすめ!水のようなサラサラなクレンジング
近頃、よく耳にする「水クレンジング」、あなたはもうお使いですか?メイクを手軽に落とせる便利なアイテムとして、人気急上昇中です。今回はそんな便利な「水クレンジング」のメリット、デメリット、正しい使い方などを、たっぷり解説していきたいと思います。
塗れた手でも使えるクレンジング!忙しい女性の強い味方
今回は、濡れた手でも使えるクレンジングの種類や効果的な使い方、おすすめ商品などを紹介していきたいと思います!
ホホバオイルでクレンジングはできる!?流行りのオイル美容♪
近頃天然100%のオイルを使用した「オイル美容」が流行していますが、中でもホホバオイルは優秀で、クレンジングにも使用することができます。
オリーブオイルでクレンジングが出来る!?その効果や方法を徹底解説♪
オリーブオイルを使用したクレンジングの効果や方法、注意点などを徹底解説していきたいと思います!天然のオイルでクレンジングをしてみたい方、オリーブオイルのクレンジングの方法を知りたい方などは、よかったら参考にしてみてくださいね♪
プチプラ・クレンジングのおすすめ!お財布に優しいクレンジング!
プチプラのクレンジングを使用するメリットや注意点、おすすめのプチプラ・クレンジングをご紹介します。
芸能人愛用のクレンジングとは?人気クレンジングと選び方のポイント
芸能人が愛用しているクレンジングを紹介します。クレンジングはスキンケアアイテムの中でも特に重視すべきアイテムだと言われています。ですが、なかなか良いクレンジングに出会えない…と悩んでいる方も多いでしょう。そこでおすすめなのが芸能人が愛用しているクレンジングをチェックすること。