年齢による毛穴の開きを知る

年齢による毛穴の開きを知る

 

10代のうちから毛穴が開いてしまう人や、小鼻が黒ずんでしまう人がいます。

 

10代の場合、成長ホルモンにより、皮脂の過剰な分泌が起こりやすく、ニキビができやすくなってしまったり、毛穴に皮脂がつまりやすいとされています。

 

成長ホルモンが分泌されている間は、中々過剰な皮脂の分泌を抑える事が出来ませんが、思春期の過剰な皮脂の分泌は、年齢と共に落ち着いてきますから、20代になっても、過剰な皮脂の分泌が続く場合には、他の理由があると考えましょう。

 

成長ホルモンが理由で過剰な皮脂の分泌が起こっている場合には、20歳前後で成長ホルモンの分泌がなくなりますから、症状が落ち着くはずです。

 

20代や30代を超えて毛穴が開いてしまう人の場合、乾燥肌とオイリー肌のどちらかが原因となってしまっている事が考えられます。人によって、毛穴の開いてしまう原因は違いますから、自分の毛穴に合わせた毛穴クレンジングを行いましょう。

 

40代を超えて毛穴が開いてしまう人の場合、代謝が悪くなっている事や、乾燥が進んでしまっている事などを含め、加齢により毛穴が開いてしまっている人が多いとされています。

 

アンチエイジングを取り入れることで、毛穴の開きをストップさせることが可能となりますから、保湿に重点を置き、年齢に合わせたスキンケアを取り入れましょう。

 

40代や50代の場合、過剰な皮脂の分泌により、毛穴が詰まってしまう事はあまりないのですが、若い時から皮脂や老廃物が蓄積しており、除去できていない場合には、毛穴クレンジングを取り入れる必要があります。

 

関連ページ

毛穴の仕組みを知ろう
毛穴は肌のキメが荒く見えてしまい、ファンデーションが詰まってしまったり、汚れにより、黒ずんでしまいますから、毛穴は必要ではないと考える人が多いかと思いますが、毛穴は体の中で非常に大切な役割があります。
毛穴はなぜ開くのか
毛穴が開く原因は人によって様々です。
子供はなぜ毛穴が目立たないのか
子どもの肌は非常に綺麗でキメが細かく、毛穴が目立つような肌である人はほとんどいません。
男性と女性の毛穴の違いとは
女性よりも、男性の肌の方が、キメが荒く、毛穴が目立って見えてしまう事が多いかと思います。