毛穴 クレンジング

毛穴クレンジングしかっり毛穴ケア!

 
毛穴トラブルを防ぐにはクレンジングでしっかりケアが大切!

「毛穴の開き」や「毛穴の黒ずみ」などの毛穴のトラブルでお悩みの方は大勢います。
毛穴トラブルがあると、いわゆる【美肌】には、ほど遠く、おせいじにも「肌がキレイ」と言われることはないでしょう。

出来るだけ、早く毛穴のケアを行ってトラブルの解消を目指しましょう!

毛穴トラブルの主な症状を紹介します。
毛穴の黒ずみ
毛穴が黒ずんで見える状態。毛穴の入り口に角栓が付着して「黒」になってしまっている。毛穴の奥から分泌される皮脂と、肌表面に溜まっていた角質が混ざり合って角栓ができますが、時間の経過とともに黒く酸化していき、黒くなってしまったものが主な原因です。
毛穴の開き(毛穴の目立ち)
毛穴の入り口が開いてしまって、ぶつぶつと毛穴が目立つ状態。皮脂が必要以上に分泌されていると、余分な皮脂によって毛穴が広がることがあります。また、肌の老化や、肌の乾燥などで肌のハリが低下して、毛穴が開いてくることがあります。

毛穴のトラブルが発生してしまう原因は、さまざまですが、代表的なもは次のようなものです。
  • メイク汚れが毛穴に残っている
  • 毛穴に皮脂や角などの汚れが残っている
  • 肌の乾燥
  • 敏感肌
  • 加齢

毛穴のトラブルをケアは、スキンケアの過程全体で行うのが理想ですが、最大のポイントは、【クレンジング」と【洗顔】だと言えます。
毛穴トラブルの予防やケアするクレンジングとは、「しっかり汚れを落とすのに、肌へのダメージが少ない」アイテムが理想です。

洗いすぎは、お肌へダメージを与えるので注意が必要です。成分にも十分の考慮してクレンジングを選ぶのが大切です。


次に、毛穴トラブルの予防やケアにオススメの「毛穴クレンジング」をランキング形式で紹介します!
 

毛穴クレンジング【おすすめランキング】

毛穴の汚れもすっきり落とすおすすめのクレンジングをランキング形式で紹介します。

 

 

リダーマラボ・モイストゲルクレンジングの特徴

美容液のようなクレンジング!洗うエイジングケア!

美容成分がたっぷりな「W洗顔不要」のクレンジングです。メイク落とし、洗顔、毛穴ケアが、これ一本でOKです。

毛穴につまった角栓も、「こんにゃくスクラブ」でしっかり落としてくれます。美容成分の浸透量も高まります。エイジングケア成分も42種類も配合し、お肌のハリや透明感のアップをサポートしています。

価格 2848(初回限定)円
評価 評価5
備考 初回限定¥2848円(税別)
リダーマラボ・モイストゲルクレンジングの総評

繰り返す毛穴のお悩みに一度使ってほしいアイテムです。どれを選んだら悩んでいる方に一度は試してほしいクレンジングです。驚くかもよ・・

 
 

マナラ ホットクレンジングゲルの特徴

毛穴の黒ずみスッキリ!

日本一売れてる「ホットクレンジング」。発売本数はついに500万本突破しました。

W洗顔不要のクレンジングなので、洗顔ここれ1本でOK。「強力なクレンジング」なのに、「低刺激で肌にやさしい」理想なクレンジングです。特に「毛穴が目立つ」人にオススメしたいアイテムです。

また、美容成分もとても豊富に配合されているので、洗い上がりは「驚くほど」です。

価格 2990(初回限定)円
評価 評価4.5
備考 初回限定¥2990円(税込) 通常¥4104円(税込)
 
 

D・U・Oクレンジングパームの特徴

とろけるクレンジングでフェイシャルエステ!


肌にのせると「とろーり」とろける新感覚のW洗顔不要のクレンジングです。

W洗顔不要だからこれ一本で洗顔が完了します。

独自技術の「ナノマトリックス構造」が毛穴の汚れをしっかり落とすことができます。

さらに、31種類のエイジングケア成分がクレンジングのたびに若々しさを生み出します。

価格 1800(定期初回)円
評価 評価4
備考 通常¥3600円(税別) 定期初回1800円(税別) 二回目以降¥2880円(税別)
 
 

フルリ クリアゲルクレンズの特徴

毛穴が目立たなくなるクレンジング!

モンドセレクションを連続受賞の世界が認める品質の「美容皮膚科クリニック」から生まれたクレンジングです。

ベースとなる水には、「還元力の高い還元水」を採用。お肌との親和性が高いので、メイクを素早く浮かび上がらせ、お肌のダメージを防いでくれます。また、乳化性に優れているので、界面活性剤を使用する必要がありません。

クレンジング機能にこだった機能重視のアイテムです。クレンジグ後は、お好みの洗顔料で「洗顔」が必要です。

価格 2900(初回限定)円
評価 評価3.5
備考 初回限定¥2900円(税別) 通常¥3500円(税別)
 
 

マイルドクレンジングオイルの特徴

「こすらない」無添加クレンジング!

ファンケルが自慢の「無添加クレンジング」です。強力なオイルクレンジングなのに、お肌にとてもやさしいアイテムです。

ファンケルは「クレンジング中にいかにこすらないか」にこだわり、メイクになじみやすくスピーディにメイクを浮かせる、オイルタイプのクレンジングを選び、進化させてきました。

価格もリーズナブルで、手軽なクレンジングです。

価格 980(お試し)円
評価 評価3.5
備考 お試し¥980円(税込)
 

毛穴ケアにおすすめ「W洗顔不要のクレンジング」

 

W洗顔不要のクレンジングが人気です!

 

何年も前から、【W洗顔不要クレンジング】はありましたが、「クレンジング」と「洗顔」の同時に高レベルで機能していない商品多くありました。

 

手軽だけど、「きちんとメイクが落ちない」、または「さっぱり洗顔できていない」、逆に「皮脂が落ちすぎて乾燥する、「肌荒れする」など、あまり良い商品がありませんでいた。

 

しかし、最近では、「クレンジング」と「洗顔」の機能を高レベルで両立された【W洗顔不要のクレンジング】が登場して大人気になっています。

 

【W洗顔不要のクレンジング】の良いポイントは、いろいろありますが、主に次のような事です。

  • クレンジングと洗顔が一度で出来る!時間短縮!
  • 1本の購入でOK。節約出来る!
  • 美容成分が豊富で洗い上がりが潤う!
  • W洗顔の洗いすぎが予防出来る!

「W洗顔」は、必要な皮脂まで落としてしまう、「洗いすぎ」の状態になることが多く、「肌トラブル」を引き起こす可能性が高まっています。

 

その点、【W洗顔不要クレンジングは、「洗いすぎ」を防いで、「毛穴トラブル」などの「肌トラブル」を予防できます。

 

毛穴に効果的なクレンジングの種類

 

毛穴ケアにおすすめのクレンジングの種類を紹介!

 

クレンジグには、さまざまな種類がありますが、主なものは次の通りです。

オイルクレンジング

その名の通りで「オイル」を使ったクレンジングです。強力な洗浄力が特徴で、濃いメイクの時には役立つタイプです。しかし、強すぎる洗浄力が、肌への負担となり肌へのダメージも大きいとも言われています。肌へのダメージが多き理由の一つに「界面活性剤」が多く使われている点があります。

 

クリームクレンジング

クリームのレンジングです。肌への負担が比較的に少なく肌質に関わらず使うことができる、使い勝手の良さがあります。しかし、肌にやさしい反面、洗浄力はあまり強くないと言われています。クリームクレンジングには、「洗い流すタイプ」と「拭き取りタイプ」があります。
くれ

 

ミルククレンジング

ミルククレンジングは、乳液状のクレンジングです。ほとんど「クリームクレンジング」と同じだと考えることができます。注意点は、テクスチャが非常に弱いので、肌を「ゴシゴシ」してしまう可能性が高く、「肌にダメージ」を与えてしまうので注意が必要です。

 

ローションクレンジング(水クレンジング)(拭き取りなど)

ローションをコットンに含ませて、メイク汚れを拭き取るタイプのクレンジングです。保湿液分や美肌成分が含まれている商品もありますが、テクスチャが非常に弱いので、肌を「ゴシゴシ」してしまう可能性が高く、「肌にダメージ」を与えてしまうので注意が必要です。

 

ダブル洗顔不要クレンジング

クレンジングするだけで洗顔料による洗顔が不要なタイプのクレンジングです。メイクをしていても一度に、洗顔が完了するので時短になり便利なアイテムです。「ジェル」や「クリーム」などのタイプがあります。また、ダブル洗顔不要のクレンジングの特徴としては、美容成分を豊富に配合している商品が多く、洗顔後の肌の乾燥や肌荒れを防ぐ工夫がされています。

 

ホットクレンジング

ホットクレンジングは、温感を感じるクレンジングで「ジェル」や「クリーム」などのタイプがあります。ホットクレンジングは肌を温めることで汚れを落としやすくしてくれて肌への負担を少なくしてくれます。また、温感はリラックス効果があり気持ちよくクレンジングできます。

 

 

毛穴に効果的な、「洗浄力が高く」、「肌への負担が少ない」クレンジングを選ぶには、どれのタイプが良いとは、一言では言えませんが、各クレンジングタイプのメリット、デメリットを知っておくことが大事です。

 

当サイトでは、「W洗顔不要のクレンジング」をオススメしています。「肌をゴシゴシ」することなく、「何回も洗う」ことが必要がないのがポイントです。

 

まつ毛エクステ使用中のクレンジングについて

 

まつ毛エクステを使用している場合はクレンジング選ぶに注意が必要です。

 

 

まつ毛エクステは、クレンジングで落ちてしまう場合があります。

 

特に、油分の多いオイルクレンジングはまつ毛エクステを落としてしまうと言われています。

 

まつ毛エクステを使用している場合は、そのような油分の多いクレンジングは使わない方が無難です。

 

各クレンジングの商品説明にも明示されているので、まつ毛エクステを使用している方は必ずチェックしてください。

 

クレンジングのよりまつ毛エクステ対応の有無は変わってきますが、基本的は以下のようになります。

 

  • オイルクレンジング:NG
  • クリームクレンジング:NG(あまりおすすめ出来ない)
  • ローションクレンジング:OK
  • ミルククレンジング:OK
  • ダブル洗顔不要クレンジング:OK

 

※目安としてはクレンジング力の強いクレンジングはまつ毛エクステを落としやすいと考えて良いでしょう。

 

クレンジングの注意点

 

クレンジングを使用する場合の注意点について説明します。

 

クレンジングを使い場合はいくつかの注意点があるのでチェックしてみてください。

 

 

メイクの濃さに合わせたクレンジングを選ぶ

メイクが濃い場合には、オイルクレンジングなどの洗浄力が強いクレンジングを使い、ナチュラルメイクなどのメイクが薄い場合は、洗浄力が強いクレンジングは、肌に悪いので使わない事。

 

肌質に合わせたクレンジングを選ぶ

敏感肌やニキビ肌などの肌がデリケートな人は洗顔力の強いクレンジングオイルなどは避けましょう。また、ふき取りタイプのクレンジングも負担が大きいので避けた方が良いでしょう。

 

年齢に合わせたクレンジングを選ぶ

30歳を過ぎたらアンチエイジングの為にも肌に負担になる洗浄力が強いクレンジングやローション系の水タイプなどの軽いものは出来るだけさけましょう。クリームやジェルタイプの美容成分が含まれているクレンジングがおすすめです。ダブル洗顔不要などの肌への負担が少ないクレンジングもおすすめです。

 

ふき取りタイプの場合はコスリ過ぎない

ふき取りタイプの場合はメイクを早く落としたいと強くこすってしまい、肌にダメージを与える可能性があるので注意が必要です。

 

クレンジング後は必ず洗顔をしっかり行いましょう

クレンジングの後はしっかりと洗顔料でダブル洗顔しないと毛穴の汚れがしっかり落とせません。クレンジングだけで肌の汚れまで落ちることはありません。ただし、ダブル洗顔不要のクレンジングの場合は、必要ありません。

 

クレンジング・洗顔後はしっかり保湿しましょう

クレンジングや洗顔後は皮脂を落としてしまうので肌が乾燥しやすい状態です。しっかりと、保湿する必要があります。

 

当サイトの一押しクレンジングはこちら